男性は要注意!女性が嫌う酒癖はコレ!

酒癖 男性が酔っ払ってはしゃいでいる光景というのは、女性にとってほほえましいものです。いつまでも子供だな、とかかわいいな、とか思うこともありますがそれにも限度があります。酔いに任せてハメを外しすぎると、ドン引きされるどころか嫌われてしまうこともあるんです。

お酌やイッキ、酒の強要は厳禁

学生サークルや会社の飲み会にありがちなのが、酒に関する強要ですね。学年や経験などによって上下関係ができてしまうと、どうしても先輩風をふかせたくなって酒を飲ませようとしたりイッキさせようとしたりしますがこれは厳禁。

嫌がっている相手に無理に飲ませようとする行為は周囲も見ていて気持ちのいいものではありませんし、何よりヘタをすれば急性アルコール中毒のおそれもあります。酒量の限界は人によって様々ですし、アルコールにアレルギーのある人もいますので、本人が飲めないと言っているなら無理強いはしないようにしましょう。

また女性に対してお酌を強要するのもNG。これも最近ではセクハラだ、という声が多くなっているようですね。女性が自らすすんでお酌しているならOKですが、わざわざ呼びつけてお酌をさせるようなことはしないようにしましょう。

こうしたお酌の強要は女性のなかには屈辱的だ、と感じる人もいるそうです。男性にそんなつもりはなくとも見下されている、と感じる女性が一定数いるということを忘れないようにしてください。お酌をしてもらっても手酌でも、酒の味自体は変わりませんよ。

自分の酒癖を知ることも大事

女性に幻滅させない飲み方をしたいのであれば、まずは自分の酒癖を知ることも大事。とくに酔っ払うと怒りっぽくなったりだれかれ構わず絡んでしまうような酒癖を持っているなら、飲み過ぎないようにしましょう。

女性だけでなく飲み会の席でいちばん嫌われるのは酔っ払ってトラブルを起こす人です。過去に一度でも酔っ払ってトラブルを起こしたことがあるなら飲むペースを控えたり、すすめられても飲まないなどの対策をとりましょう。

ほかにも飲むとフラッとどこかへ消えてしまうようなタイプも要注意。さすがにメンバーが行方不明のまま解散するわけにもいきませんので、探しに行かなければなりません。せっかく楽しい気分で帰れるはずが、行方不明のせいで台無しですね。

またどこかへ消えてしまうタイプの人はそのまま道端などで寝込んでしまう傾向もあります。冬は凍死、夏場でも交通事故などの危険性がありますので、命を守るためにも飲み過ぎには要注意。誰かに頼んでおく、という対策もありますが酒が入った状態でつねに監視する、というのは無理があります。

人は酔っ払うと本性が出る、とも言われています。そのため女性のなかにはあえて飲む量を控え、男性たちがどのように酔っ払うのか観察していることもあるそうです。酒癖が悪い、と判断されれば普段の人柄がいくらよくても恋愛対象から外されてしまうこともあるため、酒癖の悪さを自覚しているなら飲み方には本当に気を付けてください。

酒が好きな人にとっては酒量を制限する、というのは難しいかもしれませんが将来結婚し、家庭をもったときのことまで考えると必要なことでもあります。つねにある程度の余裕をもち、飲み過ぎてしまったメンバーの介抱ができる程度にとどめとくと、女性たちからの評価もあがるはずですよ。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.