どこまでOK?男性の下ネタトーク

liquor 女性が飲み会でリアクションに困る言動のひとつに『下ネタトーク』があります。 男性からすればちょっと気分が上がって、ついしつこく聞いてしまう事も多いのではないでしょうか?

しかし、大多数の女性は「いかに上手く男の下ネタをかわせるか」といつも頭を悩ませています。 いくらその場が盛り上がっているとはいえ、やり過ぎてしまえば途端に白けてしまうのが下ネタトークの難しいところ。相手が許せるラインを見極めるのが大切です。

相手への探り過ぎに注意!

気心の知れた人と楽しむのとは違い『恋人探しのための飲み会』では、気になる相手へのチェックがやや厳しめです。 会話の内容でさりげなく探り出すタイプや、「恋人いるの?」「どんな人がタイプ?」と直球に聞いてくるタイプなど人によって様々。

最初は、そんなちょっとした質問がメインですがお酒がはいってくると際どい話題になっていきます。「最近夜の方はどう?」「どういうのが好き?」と言ったプライベートな質問は、女性が1番苦手とするところです。 大抵の人は言葉を濁したり、気まずそうに俯いたりする場合が多いです。最近では飲み会での下ネタトークに耐性のない、あるいは嫌っている女性も増えてきました。

男性からすれば嫌がっている姿を見るのも一興、なんて人も居るのではないでしょうか? しかし、お酒の席とはいえやり過ぎは女性からの信頼を失くしてしまう危険があります。 笑いながら「いい加減にしてくださいよ〜」なんて言っている人でも、内心は憤っている可能性も。

私自身、下ネタに対するリアクションは笑って流すことが多いです。我慢の限界にくると、それを伝える意味でちょっと軽めに止めに入ってもスルーされてしまう事も少なくありません。 本気で訴えれば雰囲気を壊してしまうので、強く言えない、止められないという女性は多いです。今後の関係の為にも、きちんと引くべきところを見極めましょう!

下ネタOKな女性はセックス好き?

逆に「下ネタは平気、むしろ大歓迎!」といった女性もいます。普段から職場などでも盛り上げ役なタイプの傾向が強いです。 男性から見ると自分の下ネタに乗ってくる女性には、引いてしまうか「軽いのかな」と思われるのではないでしょうか。

実際飲み会からの流れで、行きずりのセックスにもつれ込む女性は意外と多いです。しかし、誰もがそれを事前にアピールしている訳ではありません。 なかには、あくまで冗談の範囲で付き合っている人もいます。そんな人はボディタッチの反応で有無が分かりやすいです。少しでも嫌がる素振りを見せるならば、あくまでも相手に合わせて振る舞っているケースがほとんど。無理強いは禁物です。 身体に触れてきても嫌がらずに、むしろボディタッチを返してくる女性は可能性があります。されても嫌がらないだけではなくて、相手から触れてくるか否かがポイントです。

昔から飲み会での下ネタは、シチュエーションを活気づけるための手段としてのイメージが強くありました。 しかし現在では、いわゆる『お持ち帰り』にもつれ込む暗黙の了解としての一面も出来ています。 ただ下ネタを話すだけでは勿体無いです。相手のリアクションを見て、気になる相手にアクションをかけるきっかけにしましょう。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.