飲み会=合コンな恋愛事情

酒 ここ数年で『合コン』という言葉をあまり聞かなくなりました。何故でしょうか? 以前は『親しい人達と飲み食べを楽しむ=飲み会』『異性との出会いの場をもうける=合コン』でした。

現在では、このふたつを合わせた『飲み会で出会いを求める女性』がとても増えています。働き盛りの20〜30代はもちろん、大学生なども頻繁に参加しているという人が多いです。 婚活パーティーや異業種交流会など、様々な恋人探しの手段がある中で『飲み会』を選んでいる若い女性のホンネ、ご紹介します!

恋愛への欲求と体裁のジレンマ

『肉食系女子』といった言葉が一時期メディアで流行ったように、昔と比べて恋愛に積極的な女性が増えてきました。 「素敵な恋人が欲しい」「良い出会いがまったく無い!」なんて会話は女性同士の間ではあたり前です。そのため友人や仕事場のツテを使い、少人数規模での『飲み会』を頻繁にしているという人も。

ここで昔と違うのは、その飲み会を『合コン=恋人探しの場』とは口にださないこと。それには「恋愛にガツガツしていると思われたくない」といった、女性独自のプライドが関わっています。男性から見れば「なんて面倒な!」という部分もあるのではないでしょうか? ですが恋愛をしたい気持ちは人一倍あるのに、それをストレートにだすのが嫌、または恥ずかしいと思う女性は意外に多いです。私の友人で、月に5、6回は異性との飲み会をやっている女性も周りから「肉食系だね〜」なんて冗談交じりに言われると物凄く嫌がります。曰く「欲求と体裁は別問題」そんな風に思われたくない、との事らしいです(笑)。

出会いの場に何故『飲み会』を選ぶのか?

では、そんな若い女性たちに『飲み会』が好まれる理由とは何でしょうか?それはズバリ『手軽さ』と『気負う必要の無さ』から来ています。 お手軽さには、人を集めやすい点と金銭的な意味も含まれます。日付や場所に入念な段取りは要らないので「今度みんなで飲まない?」という様に、気軽に誘いやすいところがポイントです。

最近では飲み会専用の食べ飲み放題コースがあるお店が増えるなど、婚活パーティーなどより金額も掛からなくなっています。最初から異性との出会いを目的、に飲み会へ頻繁に参加しているという女性も少なくありませんので、コストは低いほど◎になります。 恋愛をしたい!と強く望んでいる女性たちにとって、飲み会で出会いの場を設けることはコスト的にも体面的にもベストな条件です。

「合コンだと恋愛にガツガツしている様に思われて嫌。飲み会なら、ただ食べ飲みを楽しんでいるだけ」(と言いながら、しっかり理想の男性がいないのかをチェック) 強く異性との出会いを求めている若い女性たちは、そんな隠れた願望から飲み会を渡り歩いています。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.