職場内の飲み会で社内恋愛に発展させたい

社内恋愛 社会人になると同僚との飲み会に参加することも多いでしょう。部署内の親睦会など、割とフランクなものから上司や幹部も参加する新年会や忘年会といったお堅いものまで様々。ただどんな飲み会でも飲む相手が同僚、ということで一線を引いて参加している人が大半でしょう。そんななかで、気になる社内の女性と親密になるにはどうすればいいのでしょうか。

まずはベストポジションを確保

飲み会の席でいちばん大事なのは親密になりたい相手のどこに座るか。心理学などではテーブルを囲んだ場合、L字型になるように座ると会話がしやすいと言われています。会話をしたい相手とテーブルの角で直角に隣り合わせになるような感じですね。このポジションならば会話はもちろん、ちょっとしたスキンシップも気軽にできますね。飲み会が始まるときは、まずこのポジションに自分と相手が座れるよううまく誘導しましょう。

そのため飲み会には早めに到着し、まずは自分が角の部分を陣取っておきます。そしてお目当ての女性がいつくるかにもよりますが、同時に店に入ったのならさり気なく「ここあいてるよ~」という感じで誘導。女性があとから合流したのであればあえて空気を読まず、「お疲れさま~ここ座って座って」と隣に人がいたとしても誘ってしまえば周囲の人がどいてくれるはず。また合流の際に遠い席になってしまったとしても、飲み会の進行にあわせて席を移動するのもおすすめ。そうなるとベストポジションにはならないかもしれませんが、隣に座れればヨシとしましょう。

ちなみに親密になりたいなら相手の正面に座るのだけは絶対にさけましょう。どんな場面であれ真正面に座られると面接のような圧迫感を感じることも多く、無意識に避けられてしまう傾向があります。また飲み会のような周囲に大勢いる状態の場合テーブルの反対側よりも両隣と会話する機会が多いため、正面は親密になるためにはかなり不利。理想はL字型、それが無理でもせめて隣に座るようにしましょう。

飲み会中は、仕事の愚痴はNG

同じ会社で働いていると、やはりどうしても話題の中心は仕事のことになりがち。仕事の話が絶対ダメ、ということではありませんができれば愚痴のようなネガティブな話題は避けましょう。お互いに愚痴を言い合い、ストレス解消を図るのも飲み会を開く目的のひとつでもありますが、恋愛を前提とした相手との会話ならポジティブな話題がおすすめ。愚痴を言い合う相手になってしまうと、どうしても異性ではなく同僚という位置づけになってしまいます。異性ではなく戦友という認識になってしまうようです。

会話において仕事が絡むとどうしてもネガティブになってしまうなら、プライベートな話題に切り替えてもいいでしょう。趣味や好きな映画など、他愛ない会話で構いませんがコツは自分の話ばかりに偏り過ぎないこと。女性が話し出したら聞き役に徹し、聞きながら次の質問や彼女が食いつきそうな話題を探すようにします。自分の話ばかりしていると段々とネタがなくなってきて焦ってしまい、空気の読めない発言をしてしまいますが聞き役に徹していれば落ち着いて会話をリードできます。女性の話をきちんと聞き、そのなかから次の話題を探すことさえ忘れなければ、会話が途切れて気まずくなることはないはずです。

LINEのIDは必ず用意しておくこと

会話も弾み、仲良くなれたなと感じたらいざ連絡先の交換です。とはいっても最近は携帯キャリアのメアドを教え合うのではなく、LINEのID交換が主流です。LINEのIDを知っていればメールも電話もできますし、切りたいと思ったときにはブロックすればいいので非常に手軽。警戒心の強い女性でもLINEのIDなら割と気軽に交換してくれますよ。

そのためには事前に自分のIDを作っておくことを忘れないようにしましょう。さらにできればある程度使い方もマスターし、スタンプも購入しておければなおベスト。1セット100円程度ですし、いくつか購入しておきましょう。またどれを購入すればいいのかわからなければ、ID交換の際に女性に聞いてみると会話のきっかけになります。使い方もいっそ聞いてしまうと練習もかねて電話したりチャットしたりできるので、より早く親密になれるかもしれませんね。

会社の飲み会から社内恋愛に発展させるには、まずはベストポジションを確保することが先決です。とくに規模の大きな会社の場合はそれだけ飲み会の規模も大きく、参加者も大勢になります。なので座る位置が悪いと飲み会中、全くお目当ての女性と話せないなんて可能性も。多少強引でも席だけは確保しておきましょう。また規模が大きく大勢が参加する飲み会なら、最初は離れた場所でも盛り上がってきた頃にさり気なく隣に移動してもそこまで目立たないでしょう。まずは席の確保、これを第一に飲み会に臨んでくださいね。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.