後輩に誘われた飲み会には参加すべき?

後輩 若い世代の後輩に飲み会へ誘われたけど参加すべきかどうか…どうしても付きまとうジェネレーションギャップに戸惑う大人の男性もいるでしょう。ひとりだけ年齢を重ねていることに女性はどう思うのか、気になる人もいるのではないのでしょうか。

大人としての飲み会の役割はある

ずいぶん年齢の離れた飲み会への参加はさすがに抵抗があるという人もいるでしょう。若い世代のノリはやはりエネルギッシュです。でも無理についていく必要はありません。大人には相応の魅力や役割があるからです。

若いノリは歯止めがきかなくなることがあります。そしてハメをはずしてしまうパターンも少なくありません。まわりのお客様に迷惑をかけてしまうことがあるので、そのようなときにストップをかけるのはやはり大人の役割でしょう。

また若い世代の話にすべてついていくのはやはり難しいところです。そこへ割って入るのは大人気ありません。また説教になってしまうのも場をしらけさせてしまいます。まずは聞き役に徹し、質問を投げかけられたら適切に答え…と会話を楽しむようにすればいいでしょう。

また女性陣はどう思うのかも気になるところです。「年なのに若い世代の飲み会に来るなんて…」「恋愛対象になるわけないじゃん」と思われてしまったら…という先入観があるかもしれません。ところが振る舞いによってはまったく別のパターンになることもあるのです。

若い世代にない魅力に食いつく女性もいる

大人の男性の魅力はスマートな振る舞い、寛大さ、包容力、人生経験の豊富さ、経済力…などがあげられます。これに魅力を感じ、食いつく女性もいるのですよ。しっかり話を聞いてくれたり、悩みに適切に答えてくれたり、トラブルにスマートに対処したり、いろいろ知識が豊富だったり…大人の余裕は若い女性にとって魅力的なのです。

大騒ぎしている後輩たちを「しょうがねえなあ」と見守る姿は、若い男性にはない魅力でしょう。癒しを求める女性が大人の魅力のとりこになりやすい傾向があり、このような相手との絶好の出会いとなる可能性があるのです。

ときには若い後輩と一緒になって騒ぐ姿もギャップがあり、女性をキュンとさせてしまうことも…そうかと思えば男女関係なく親切にできる大人の振る舞いも、女性のこころをつかむことができるポイントのひとつなのですよ。

精算のときは多く出すゆとりも必要

女性のこころをつかめても1円単位までワリカンにすれば即幻滅させてしまいます。若い世代よりも経済力があるのに細かいことにこだわる姿が小さく見えてしまうのでしょう。

年齢を重ねていれば、多めに支払うようにすべきです。それほどかかっていないようならおごってあげるゆとりも必要かもしれません。厳しいようならひとり5000円のところを2000円だけ徴収するような工夫も必要でしょう。せっかく女性陣のこころをつかめても、最後の精算でボロが出ないように気をつけましょうね。

若い後輩からの誘いでもためらわずに参加しましょう。楽しむ目的でいいのです。偶然に出会いがあるかもしれませんよ。浮かないようにするためには大人としての振る舞いをこころがけることでしょう。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.