熱しやすく冷めやすい女性の心理

女性の心理 飲み会に頻繁に参加する女性たちの間では『気持ちが熱しやすく、冷めやすい』という特徴があります。

酔った男性がスキンシップ過剰になるのと同じように、女性もその場の勢いでキスやセックスまでやってしまうケースが。しかし冷静になるのも早いので、一夜明けたら激しく後悔…等といった事も少なくありません。

その為、良い雰囲気になったと思い猛烈アピールしてくる男性との温度差に冷めてしまうことも。飲み会をきっかけに関係をもった場合、そうした『飲み会系女子特有』の感覚を理解しておかないと翻弄されてしまいます。

『かもしれない』で始まる飲み会系女子

初対面同士で集まる以上、その時だけで相手の性格を把握することは出来ません。 「いい人そう」「嫌な感じだな」といった『かもしれない』止まりになります。

印象が少しでも良ければ、とにかく交流!がモットーに挙げられるように、まずは会話で相手を知ろうとします。つまり、警戒心がすべて除かれる訳ではありません。 飲み会が盛り上がってきて段々と会話が弾んでくると、プライベートの情報をしつこく尋ねてくる男性がいます。ここで注意が必要なのは、男性に比べて女性はパーソナルスペースが広いという事です。

しつこく聞き過ぎて、途端に相手への気持ちが冷めてしまったという話をよく聞きます。少なくとも女性自ら話し出すまで、探り過ぎには気を付けてください。

セックスの内容で熱の上がり下がりは決まる

つい流されてしまい一夜を過ごしてしまったパターンは意外によく聞きますが、それと同じくらいセックスの内容や事後で関係を持ったことを後悔する女性も多いです。

友人の体験談では、最中に「思ったほど…ないね」と胸を見ながらボソリと言われ、終わった後は怒り心頭に速攻で帰ったというエピソードが。セックス中の言動というのは、相手の本質が垣間みえるので、やはりロマンチック感や真髄さは多少でも欲しくなります。

あまりにも身体の相性が悪くてそれっきりというケースや、たった1度関係を持っただけで恋人の様に振る舞われてうんざりした、という話も。

私自身も過去に1回きりの相手とのセックスで口論になった際に、相手のしつこさに思わず「いい加減にしてよ、早漏のくせに!」と叫んだしまった事が。正直、言った後の男性の反応には本当に驚きました。見る見るうちに萎えてしまい、とても続きが出来ないくらいの勃起不全(ED)の状態になってしまって。 男性にとって心理的なダメージは、こんなにもはっきり身体に現れるのか…と深く反省。それ以来セックス中の自分の言葉には気を付ける様になりました(汗)

飲み会におけるスキンシップやワンナイトラブなどに関しては、女性の方がややシビアに考えがちです。たとえ身体の関係が持てたとしても、一夜明けて後悔されてしまう事が無いように焦らずに距離を詰めていきましょう!


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.