女性が言われたい、ほめ言葉を駆使する

ほめ言葉 飲み会で女性を口説くなら、やはりほめ言葉が大事。とはいえ決まり文句のように「かわいいね」や「きれいだね」を繰り返したところで女性の心は動かないでしょう。お目当ての女性を落としたいなら、徹底的に羞恥心を捨ててホストのようなセリフさえサラッと言ってのける度胸が大事。それに加え、女性が思わずドキッとしてしまうほめ言葉も覚えておきましょう。

ポイントは、普段言われ慣れない部分をほめること

女性がドキッとしてしまうほめ言葉のポイントは、普段あまり言われ慣れていない部分をほめること。例えば誰が見てもかわいい女性に「かわいいね」なんて言ってももはや挨拶のようにしか受け取ってくれません。かわいい以外で、女性が努力していそうな部分を見つけてほめてあげることが大事です。

見た目でわかりやすい部分で言えば、ファッションやアクセサリー。かわいい女性はやはり顔のことばかり言われるため、ファッションに気を使っていても割とスルーされてしまうことが多いです。ほかにもファッションに合わせたアクセサリーもスルーされることが多く、なんとなく肩透かしを食らってしまったような気分になる女性が多いんだとか。なので「かわいい」はあいさつ代わりとして、アクセサリーやファッションについても一言添えてあげましょう。「その色、君の雰囲気にぴったりだね」や「揺れるピアスっていいよね」など、人知れず努力している部分を見つけ出す努力をしてみてください。

また同じ見た目の部分でも、手や肌のきれいさをほめるのも意外と好評のようです。かわいいネイルをしていたり、手をきちんとケアしている女性はそこをほめられるととても喜びます。女性同士だとそうした細かい部分まで気付くのですが、男性だとネイルがちょっと変わったからと気付く人は少数。小さなことでも、きちんと気付いてくれる男性はとても好印象を持たれますよ。

内面をほめられると、女性は喜ぶ

メイクやファッションなど、女性は見た目を磨くための努力は惜しみません。そのため見た目をほめられても「努力してるんだから当たり前でしょ」と思ってしまう女性も少なくないよう。なのでなかなか見られない、女性の内面まで見抜くことができればより口説きやすくなります。

また女性はとにかく共感してくれることに喜びを感じる傾向が強いです。そのためあいたグラスを下げたり、おかわりを注文したりといつも周囲に気づかいしている女性には、気遣いを感謝とねぎらいの言葉をかけてみましょう。「ごめんね、ひとりでやらせちゃって。ありがとうね。でもひとりじゃ大変でしょ?僕も手伝うよ」なんてセリフがいえれば、間違いなく女性はドキッとします。このセリフのポイントは、まず飲み会のなかでひとり雑用をしているということに気付いてくれた、そして大変だということをわかってくれた、さらに手伝って同じことを共有するという部分です。女性は努力に気付き、共感したり共有してくれることがとにかくうれしいです。その点を意識すると、こうした女性はドキッとしやすいでしょう。ほかにも明るく、ムードメーカー的な女性には「明るくて面白いから、自分も楽しい気持ちになる」というニュアンスのセリフがおすすめ。女性に共感できる、ということをアピールするようにしましょう。

女性の場合、見た目についてほめられることは多くても、なかなか内面までほめてもらうことは少ないです。実際男性も、女性に性格などの内面をほめられることはあまりないのではないでしょうか。その分ほめられたときの効果は大きいですよね。ぜひ女性を口説くときの参考にしてみてください。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.