Category : 男が嫌われる飲み会での話題

自分の趣味を一方的に語られても興味ありません

熱中できる趣味を持っていることは、素晴らしいことです。でも、自分の趣味の話を一方的に熱弁されても付いていけない女性も多いです。特に、合コンの場では互いに知り合うことが目的ですから、自分のことばかり話すのはNGです。共通の話題ならまだしも、自分の趣味のことでは誰も付いてきてくれませんよ。

熱中できる趣味を持つ男性自体は魅力的

男性でも、何かひとつのことに熱中している姿はすてきなものです。女性からも、趣味を持っている男性はウケがいいのは事実です。ひとつのことに熱中できる集中力は、いろいろなところに生かすことができますからね。

それに、ひとりで過ごすことにも慣れているので、必要以上に束縛をすることも無ければベタベタと甘えてくることもありません。大人の付き合いができそうな男性として、常に女性からも評価が高いです。それに、自分が好きなものについて語っている姿は目がキラキラしていて素敵なものです。

熱中できる趣味がある男性自体は魅力的ですが、ただひとつ熱中し過ぎると暴走してしまう人がいるのも見逃してはいけません。場合によっては、周りのことが耳に入らなくなる人もいます。熱中できる趣味は、ときに厄介なものに変わることもあるのです。

一方的に熱く語られても意味不明

さて、熱中できる趣味があると女性のウケがいいと言いましたが、それも限度があります。好きな相手が、熱中している趣味のことを熱く語るのは、ほほえましく思えることでしょう。楽しそうな姿を見ると、ますます好きになってしまうものです。

でも、特に好きではない人やよく知らない人が一方的に自分の趣味を語っているのは、不快でしかありません。こちらの話をさえぎってまで自分の趣味を説明されても、理解しがたいと思われてしまいます。

特に男性は、自分の話を一方的にしがちですが、趣味のことになると輪を掛けて早口でまくしたてる人も多いのです。女性からすれば、すごいなと思う一方でちょっと面倒な人だなと評価されてしまうことでしょう。いずれにしても、合コンの場ではよろしくない状況です。

趣味の話は親しくなってからにしよう

趣味の話は、初対面の女性に対してはちょっとディープ過ぎます。話を聞いてもらいたい人は、親しくなってからにしたほうがいいでしょう。親しい間柄だったら、いくらでも話を聞いてくれるものです。特に、女性は好きな男性だったらどんな話をされてもうれしくなるものです。要は、関係性の問題なのです。

趣味の話を絶対にするな、ということではありません。ただ、初対面の女性とはするべき話ではない、ということですね。自分が好きなものの話を聞いてもらいたい気持ちはすごくわかるのですが、ここはじっとこらえましょう。まずは、目の前の女性と親しくなることを第一に考えてください。自分のことばかり話すのではなく、女性の話もしっかり聞いてくださいね。会話が成立しない2人では、それ以上の進展はありませんよ。

まとめ

趣味に熱中している男性は、ちょっとでも相手の女性が聞いてくれそうなそぶりを見せると一気に話を始めて止まらなくなります。これでは、女性も困ってしまうでしょう。合コンの場では、まだお互い手探りの状態ですから、自分だけ一方的にしゃべるのはナンセンスです。女性との共通の話題ならまだしも、自分しかわからない話題は特に避けてください。趣味の話は、もっと親しくなってからにするべきです。

Recommend