初セックスからの気まずさ

気まずさ 気になっていた女性とセックスにもつれ込めた翌日、目が覚めた相手の態度が妙によそよそしかった事はありませんか? そういったリアクションの場合、あなたとの情事は相手にとって『想定外のセックス』であった可能性が高いです。酔いや寂しさの勢いで、つい流されてしまったというケースも考えられます。

ワンナイトラブならまだしも、本気で狙っていた相手と気まずい雰囲気になってしまうのはショックですよね。そんな事態を避けるためにも、女性に好まれないセックスのシチュエーションをしっかり把握しましょう。

女性にとっての『想定外のセックス』とは?

セックスのお誘いに「したくないならハッキリと断ればいい」と言われる男性もいますが、状況によっては否応なく流されてしまうケースもあります。

酔いつぶれて送ってもらい、そのまま…。という、ちょっぴり確信犯を匂わせる女性の行動は、男性からみれば据え膳的なものかもしれません。勿論、相手もその気であれば万事OKです。しかし、飲み会に慣れてないタイプは、何がなんだか分からない内にやってしまって激しく後悔、という事も多いです。

そんな『送り狼』以外で最も多いシチュエーションが、『密着からのセックス』です。 自宅での飲み会で周りが寝静まった中、いきなり行為を強要された経験がある女性は意外に多いです。特に酔いが回って雑魚寝している時などは、隣にいたからという理由だけでセックスに及ぶ猛者も。

密着していてムラムラしてしまうのは男女同じですが、そこで強引にセックスにもつれ込んで良いのかどうかは話が別です。そうして関係を持ってしまった事で友人関係が壊れた人や、逃げるように連絡を絶つ人が多いのも事実です。

セックスから一夜明けて、相手が居心地悪そうにしていたら「どうしたの?」と一言尋ねてみて下さい。もう後戻りできない理由でない限り、話し合いで解決できる場合も十分にあります。

不完全燃焼は気まずさの元

飲み会で知り合った相手とのセックスに失敗した理由には、行為自体が上手くいかなかったというパターンもあります。 身体の相性が合わないセックスほど、翌日の朝に気まずくなる事はないです。女性のほうは泥酔していても、相手との情事を狙っていた男性が酔いつぶれている事はまずありません。

お酒の入ったセックスは激しいものが多いですが、身体の方が付いていけず不完全燃焼で終わってしまう場合も多いです。そんな状況に男性が益々焦ってしまい、一種の勃起不全(ED)になってしまう事も。

自分ではさほど酔ってないと思っていたのに、性器がほとんど勃起しないくらいお酒がまわっていた男性も過去に居ました。相手の女性に恥をかかせない為にも、自己管理はしっかりと。

セックス後の相手の反応は、今後の付き合いを左右する重要なポイントになります。最中の内容も大事ですが、終わった後女性にどう振る舞うかで自分への評価も違ってきます。 せっかく持てた関係が壊れないためにも、身体のケアなどを丁寧にまめに行うのがベストです。


Copyright(c) 素敵な恋愛がしたい!〜飲み会に出会いを求める現代女性のホンネとは?〜 All Rights Reserved.